« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

新学期

日本もちょうどそんな季節ですね。

おっと、フィリピンの話はまだ6月半ばです・・・

韓国へいってました、更新できずにごめんなさい。これからえいや~っとごぼう抜きに日々駆け抜けてゆきます。

6月16日

・・・・・・・・・・・・

長かった、4月からの夏休みもようやく終わって、新学期。

いつもは泥だらけ、ボロボロなのに、きれいな制服をきてみんなうれしそうに久々の学校へ行った。

でも、アテ・ネネだけは浮かない顔。朝早くに山へいって、戻ってきた彼女は、私の顔をみるとすご~くバツ悪そうにする。何かと、彼女についていったり手伝おうとすると、すごく嫌がられた。

学校いや、なのかな。たぶん、進級できなかったの、イヤで行きたくないのかな。あたしに知られたくなかったの、かな。

・・・

子どもたちが学校へ行っている間は、ウソみたいにひま~~~急にすることがなくなってしまった。

久々にタガログ文法書ひっぱりだしてきて、外で木陰に座ってめくったり。や、気がつくと落書してた・・・。

向かいの家に住んでいる、4歳の子持ち若夫婦。今まで、どうやら私より一つ年下の、奥さんとは話が通じなかったのが、最近ようやく話をできるようになってきた。その奥さんこと、グレイスはもう「かあちゃん」の貫禄たっぷりで。知るまで、年下なんてこれっぽっちも想像つかなかったよ。朝、だんなさんが馬で山にいくのを見送ると、息子にごはん食べさせて、後片付けして、洗濯して、買い物して、また昼ごはんの用意して、、、、主婦もいそがしい。

私も含め、同世代でまだ独身、遊んでいるような娘たちとはやっぱりちがう。結婚式の写真みせてくれたけど、若かった~高校在学中に妊娠したから、中退したんだって。

「ふたり目は、この子が一人でいろいろできるようになってから」

フィリピンの家庭にしては、めずらしく一人っ子時期が長いこの家庭。息子のジャクセルに兄弟はできないの?ってきいたら。えらい、家族計画があるらしい。兄弟多くて苦しい家庭、近所にたくさんいるからね。

・・・

子どもと遊ぶのもいいけど、同世代と話す時間もすごく、たいせつだと思った。けどここの人たちシャイでなかなか話してくれないんだ~涙

ここの人々は、皆家族単位の狭い世界で生きている。外からやってきた私に対しては最初、目を皿のようにして驚き、疑い。でも、

百の言葉より一つの行動

って信じて。その次にやっと、言葉が心に届くのだと信じて。今日までやってきた。少しずつだが、私を示し、また相手をしること。距離を縮めることができてきたのだと思う。こんなに力を抜いて、笑えるなんて最初は考えられなかったなぁ。何を思われているか、こわくて悔しくて、必死に「バカンスしてるんじゃない~~~」って、がむしゃらに、手伝って働いて身体うごかしてたなぁ。

今は、もう安心して、自然体でいられる。やっぱりあたしがここでできることって、同じように人々と働くことではなかった。しっかり

目で見て耳で聴いて鼻で嗅いで頭で考えて

それを伝えるために、絵と文字で記録すること。

から、子どもと遊んで、おじさんおばさんおばあちゃん若者たちと話して、のんびりもして、手伝いもして、ぎゅ~~~っと濃く、こく生活した。それが、やっと見つけた、このイモック村との、今のあたしの、関わり方だった。

今夜、また収穫物をジープに積んで、マニラに出発する便で旅にでる。今回はこの近辺の、また違うエリアの農村を渡り歩くことになる・・・予定らしい。(どのようにして、かは?)

新しい人、場所。

うん、たぶん。もう私はどこでもだいじょうぶ。

アテ・ネネがサントルという、みかん大の大きさで、すっぱくて塩をつけてたべるとおいしい木の実を食べていて。「おいしそ~」って言ったら。もうないよ、って。

朝、机の上にサントルが山盛りに積んであった。あたしが出発するの知ってて、とってきてくれたんだ。

ありがとう。帰ってきたら、ちゃんと言わなくちゃ。

・・・・・・・

78にちめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

うどんバースディ

まだまだ農村滞在の6月はおわっていませんが(まずい、だいぶサボってしまった・・・)

今日はちょいと飛んで、2008年の今日のはなしをします☆

マニラで迎えた人生22年目初日は、うどんで祝うことにしました。

「誕生日どうするの?」と皆に聞かれ、けっこう悩みのタネとプレッシャーでもあったのでした・・・

みんなが「はし」に興味をもっていたことから、ためし使いするにも、日本食代表!「うどん」をつくることにしました。具はこれまた日本のソウル・テイスト味噌アジ。日本風でしょ??

日本食ストアを探し当て、前日に生麺40人分ほどを手がちぎれる思いして購入、センターに運ぶ。具は近所のマーケットで、ひき肉と玉ねぎを買って調理スタート。むしろ「たたき肉」サイズのそれから、いい味の肉味噌ができました。人生初、あんな量のうどんを煮込んだのは・・・

みんなでずるずると、おやつの時間にうどんをすすりました。

汁まで飲んでくれて、うれしかったな。

でも、一番うれしかったのは朝いちばん、センターへ到着したとき

2階から、廊下からホールから、バスケしながらバレー、バドミントンしながら、て~んでばらばらに、

 happy birthday♪

うたってくれたのが、うれしかったな。

近所の女の子たちが、写真やお手紙をもってきてくれた。うどんを分けてあげられたらよかったな。。。ピアスのプレゼントまでいただいちゃった。穴あけたいな。

味噌のなつかしい味にうっとり。

50人分うどんをつくりきった達成感いっぱいの、22年目の人生がここマニラでスタートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »