« 100%フィリピン | トップページ | ビサヤ人とわたし »

2009年9月25日 (金)

バックライド・トリップ

ギンティン村の朝。

川へ、水浴びにいった。

着替えとタオル、シャンプー、もって普通に。
あと、よく小学校のプールでみんな使ってた
「てるてる坊主」

Cocolog_oekaki_2009_09_25_10_10

防水布のてづくりを貸してもらった。こんな格好して、乙女たちは、よちよち谷をおりていく。。。

川にはもう先客が。なんか、銭湯みたいだった。せっけんかして~みたいな。笑
いっしょに洗濯物ももって降りて、洗濯している人もいる。川が
生活の源、か。

次の目的地があるので、アテ・パメラのおうちは一晩でおいとま。
イモックでもよく会うんだけど、そこではやっぱり末っ子で23歳の、若いパメラ。
いつもお姉さんたちにいろいろ相談している姿を目にした。



おうちにお邪魔したときはやっぱりホストとして。いろいろ気を遣ってもてなしてくれた。
しっかり、私のお母さんみたいに世話を焼いてくれた。すごいな、年かわらないのに。
12月に生まれる予定の赤ちゃん。会えるといいな。

・・・

ギンティン村は、「タガイタイ」という有名な観光地のふもとにあったらしい。
なぜなら、今日はこれからタガイタイ観光をすることが、アテ・ヴァンジーから命じられたプランなんだって。(セシルいわく)

そこまでの交通手段は、セシルのいとこのトライシクル(サイドカーつきバイク)ドライバーが連れて行ってくれるという。その人がつかまらず、昨日はもめていたらしい。

今日はちゃんときてくれた、ドライバーのレイさん。タガイタイ周辺で主に、観光客を乗せるのが仕事だ。

タガイタイは、高地にあるちいさな村で、自然公園がある。世界一、ちいさいといわれる火山によってできた湖を、てっぺんの展望台から見下ろした。避暑地になっているくらいだから、涼しくて気持ちがいい。

00720010

奥の方にうっすらと見えるのが、たぶんタール火山。

00720008

セシルといとこ同士でもある、ドライバーのレイさん。
セシルは走るときはこわい!って、トライシクルのサイドカー部分に入っちゃう。

“ビジター コ!”(おれの客さ!)

っていって、レイさんは、いろんなところに愛用トライシクルで連れて行ってくれた。
さすが、どこへいってもいる彼の知り合いが
「おっ、きたか~」
「誰だい、その子ら」
って、気軽く話しかけてくれて。レイさんもうれしそうに紹介してくれた。

観光地ってやっぱり外国人はぼられるんじゃないか、とか。
すぐおみやげ売りがよってくるんじゃないか、とか。
変に気を張らないといけないから、すきじゃなかったしあまり行きたいとは思わない。

でも、今回はフィリピン人の友人たちに囲まれて、旅のお陰で身なりもよれよれで(笑)
「私がマニラでみる外国人は、もっときれいでお金もってそうよ!」
とセシルにいわれるくらい。


仲良しのいとこ同士、セシルとレイさんの仲間にいれてもらえて、すんごく楽しめた。
そう、観光も楽しかったのだけどね。

いちばんすてきだったのは、レイさんのバイクの後ろに乗って、風をきって走ったこと。マニラでもたまに乗るけど、こんなにスピードださないし、空気きたないし。
運転はこわいけど、上手い人の後ろに乗って、ただ自分は身を任せて景色を楽しんで、顔に風をあてるのだいすき。

青空のした、緑の道をかけぬける、
バックライド!

最高でした^^

|

« 100%フィリピン | トップページ | ビサヤ人とわたし »

6月は農民になる―農村泊まり歩記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックライド・トリップ:

« 100%フィリピン | トップページ | ビサヤ人とわたし »