« 「ありがとう」を伝える旅 | トップページ | 家の中   »

2010年1月29日 (金)

少年とギター 

Dscf1062_2

Paragos ni Edgarのメンバー★

今回の旅の初日はここ、ラグナ州カラワン町サント・トーマス村の村祭り「フィエスタ」にやってきた。友だちから、バンドで歌うから見に来て!とさそわれたのだ。

マイ・ギターやドラムを少年たちが持っているの?バンドって、でもどうやって成り立っているの?練習しているの?とっても不思議だった。
フィエスタ前日にサント・トーマス村についた私は、友だちのジェフ君と、そのバンド仲間、15~18歳の4人組、サントトーマス村ボーイズのバンド練習に同行することに。隣村にあるスタジオを、一時間借りていて、リハーサルをするらしい。

サント・トーマス村は山のふもとにある。隣村との境目、畑に囲まれた、一軒家のようなちいさなスタジオがあった。ギター、ベース、ドラム、マイクなど音響設備は整っている。狭いので、私は部屋の外、ガラス窓から中をのぞいて見学することに。スタジオ周辺には、さっきまで借りていた隣町の別のバンドとその取り巻きの女の子たちが。・・・お互い意識しあっているのか、ちょっと緊張した雰囲気。彼らも明日、サント・トーマス村フィエスタで演奏するらしい。

「あなたは誰のクラッシュ??」
ふいに、声をかけられる。女の子3人組グループ。どうやら、さっきのバンドのファンだか、友だちだか。“お目当て”の男の子をみにやってきているらしい。今度は練習中の、サント・トーマス村バンドを指差しては、ベースの子がかっこいい!と、きゃぴきゃぴ。
わたし 「別に、そういう訳では・・・^^;」

“クラッシュ”とは、一目ぼれ相手とか、すきな人、とにかく気になる異性(同性)をあらわす言葉。英語では「片思いの相手」だけど、別にひとりではなくてもいいみたい。どこの村へいっても、クラッシュは少女たちの話題で。ガラス窓から覗き込んでいる、わたしもその類と見られたよう。。否定したのが伝わったのか、ないのか・・・話しているうちに、中の練習中バンドの演奏に負けないくらい、大騒ぎおのしゃべりタイム!になってしまった~ いつのまに、前のバンドメンバーも混じって・・・きゃぴきゃぴみんな若い若い。

「若者の夢を応援!!」
正確には忘れたけれど、そんな言葉の書いてあるポスターがスタジオ内に貼ってあった。

フィリピン人は音楽がだいすき。ギターを弾ける人の多さ、その上手さには、びっくりする。古いふるい、弦もさびてて音もずれているけど、おじいさんもお父さんお母さんも弾いてきた、ギター。娘や息子も、興味をもち、練習するようになる。ギターがない家でも、教会のギターで、暇さえあれば、やってきては一人で練習。
そうやって皆、ギターの技術を身につける。
家にCDやプレーヤーなんてなくても、トリセツ本なんてなくても、習わずとも。音楽を楽しむ方法はいくらでもある。

あ、でも最近はテレビがある家増えてきたから、DVDプレーヤーで聴いている家もあった!違法だろうけど流通してる、手作りコピーCDのね。

演奏の練習だけではなくて、音楽を通しての若者同士交流の場。
スーパーや病院、郵便局、図書館・・・?
なくたって、「若者の夢応援」音楽スタジオ!
すごく賛成。よくぞ、作ってくれた!

年頃の男女に混じってひとり、じっと演奏を聴いている10歳くらいの男の子が。
この子も数年後には、ここで演奏するのかな。

・・・

フィエスタ当日。
フィリピンでは一年に一度、各村ごとお祭りをひらく。お祭りの期間中は、多くの家庭がご馳走を用意し、他地域に住む親戚友だちを招待しては一日中、飲めや歌えや踊れの騒ぎ。前日の朝から家族総出で、家の中でも外でも(部屋が料理でいっぱいになってしまうからね)みんなが準備に忙しい。大量に野菜を刻んで、米を炊く。デザートの準備もあって、部屋の隅、氷で冷やされている。
ぽつりぽつり、親戚や友人などお客さんが訪ねてきては、話をしたり準備に参加したり。
村の広場には、照明つきの特設ステージが。高校の文化祭のような、ちいさなステージだけど、夜になるとライトアップされたダンスホールに!

夜、演奏本番。
我らサント・トーマス村ボーイズバンドは3曲。友だち兄弟家族いとこ、みんな応援にきて!村中も大いに盛り上がり~
なんだか、彼ら村のヒーローたちと、友だちになれてわたしも鼻高々でした♪

彼らのコピーナンバーをここに紹介。フィリピンポップ、なかなかすきかも!!
「Nakapagtataka」Sponge Cola

「Your Song」Parokya ni edgar
このバンドをもじって、「パラゴス 二 エドガー」がバンド名。
(パラゴスとは、土を耕すため牛にひかせる車のこと。農家のせがれたちならでは。)

少年たちよ大志を抱け!

・・・

2008年1月28日 307にちめ、のあと30日

ラグナ州カラワン町サント・トーマス村

|

« 「ありがとう」を伝える旅 | トップページ | 家の中   »

2月('09)ありがとうの旅」カテゴリの記事

コメント

初コメントfrom しんしゅー。


吸い込まれるように読んだよ☆子どもたちとクラッシユをめぐってのやりとりが、目に浮かぶ。(笑)つぃ最近の出来事みたい。楽しく読まさせてもらぃました。

投稿: とこナツ | 2010年2月 3日 (水) 18時12分

いいナッ とこナツ 笑

コメントありがとう。
クラッシュ話ができないと、ガールズトークにはいれてもらえません!笑

任地きまったら教えてね!
寒そうだねそっち、風邪ひかんよ~に^^

投稿: せん | 2010年2月 5日 (金) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年とギター :

« 「ありがとう」を伝える旅 | トップページ | 家の中   »