« まっしろ画用紙のわくわくを | トップページ | 「ありがとう」を伝える旅 »

2010年1月14日 (木)

帰国のチケット

フィリピン・エアラインのオフィスで、帰国チケットをとってきた。

2009年2月26日 14時55分

1年間有効のオープンチケット。期限内、一度限りならいつでも帰ることができる。なんとなく、2月末か3月頭には帰るつもりだった。でもあらためて今日、日にちを決め、活字がプリントされたチケットを手にした。
航空会社のオフィスはきれいで、外国人がたくさんいる。わたしがいつもいる、農民キャンプとは別世界、日本にいるような気分になる。同じ国なのに、ふしぎだ。

あ、あたしもうすぐ家に帰るんだ。フィリピンを離れるのか。
4月から通っている、男女2つの子ども施設と、最近の活動の中心になっている農民団体。ここだと思える場所や人にはじゅうぶんに出会えた。関係をあとどれくらい、築けるか。どう区切ろうか。限られた時間を前に焦りたくなってしまう。


寮に居るよりも、過ごす時間の長いキャンプに戻る。もうあと、一ヶ月しかないよーって、そこにいた友だちにこぼしてみた。70歳くらい、仲よしのエスメラルド父さん(通称タタイ・エスメン)は、
「あと、一ヶ月もあるじゃん!」明るく笑いとばしてくれた。

「も、ある」と思った方が人生楽しい。
あせっても仕方ない。その通りだよな。やっぱりすごいよ、ここの人たち。

さぁ、あと44日。わたしは、この44の日々をどう使おうか。

|

« まっしろ画用紙のわくわくを | トップページ | 「ありがとう」を伝える旅 »

1月('09) ただそばにいる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰国のチケット:

« まっしろ画用紙のわくわくを | トップページ | 「ありがとう」を伝える旅 »